沖縄と暮らす

【沖縄チャージ】はラジオで!radikoで聴ける人気の沖縄ラジオ

沖縄ロスの穴埋め、沖縄チャージ、どのようにしていますか?
「いつも身近に沖縄を感じていたい」そんな方に、「1日10円で沖縄にトリップする方法」をご紹介します。

ズバリ、ラジオです!!

radiko.jpの「エリアフリー」機能を使えば、全国のラジオ放送を聴くことができ、月々350円(税別)で、いつでもどこでも沖縄ラジオで耳薬(ミミグスイ)の時間を持てます。
耳薬とは心に響く良い音楽を聴いたり、誰かの話で気づきを得たり、つまりは耳から入ってくる音や話に元気をもらえたり、癒されることを指します。
沖縄のラジオ番組をひと度ONすれば、「ここは沖縄!」な空間に早変わりするという夢のような(?)ツールを使わない手はありません。

とはいえ・・・

「普段からラジオを聴く習慣がないんだけど・・・」
「面白いラジオ番組をどう探せば良いの?」

という方のために、

  • radiko.jpエリアフリーで聴ける沖縄ラジオ局
  • ウチナーンチュ&沖縄好きヤマトンチューが選ぶ 人気ラジオ番組
  • 沖縄ラジオを勧める5つの理由

をご紹介していきます。

radiko.jpエリアフリーで聴ける沖縄ラジオ3局&人気番組

沖縄ローカル情報満載! ROKラジオ沖縄

  • 1960年開局、社是は「ローカルに徹せよ」。
  • キー局:ニッポン放送・文化放送

「これぞ沖縄ローカル!」な放送局。
地元ならではのディープな沖縄情報を知りたい方、ちょっと渋めな番組を好む方にオススメなラジオ局です。

【人気番組】

ティーサージ・パラダイス(月〜金 12:00〜14:20)
毎回2択の問題を出題、リスナーからの回答やコメントを集計し「沖縄の人たちはこう考えている」というリアルな傾向を探ります。
パーソナリティーのひーぷーさん こと 真栄平仁さんの、沖縄イントネーションばりばりでストレートな物言いと、シビアなことでも笑いに替える ウチナーンチュならではの話し振りに引き込まれます。

男性(東京)
男性(東京)
ティーサージの中のニュース明けに、アナウンサーを弄るひーぷーさんと、方言ニュースが好きです。
くーみー
くーみー
真面目にニュースを読んだ後のアナウンサーの方に ひーぷーさんがガッツリ絡み、地が出て面白いですよね!
方言ニュースは勉強になります!

ハイサイ!藤木勇人のヤマトde沖縄タイム(月 20:00〜21:00)
うちな〜噺家・藤木勇人さんがパーソナリティーを務める番組。
沖縄県外で頑張る沖縄の方々や、首都圏の沖縄イベント情報・沖縄料理店を紹介するなど、「ヤマト(沖縄県外)で楽しめる沖縄情報」を発信しています。

女性(東京)
女性(東京)
東京のお店を紹介してくれるから、気になるお店に行きやすくて良いです。
くーみー
くーみー
東京にも拠点がある藤木さんならではのフットワークの軽さで、あちこち取材されてますね!私も2回出演させていただきました!

バリエーション豊富! RBCiラジオ

  • 1954年、県内初の民間放送局としてスタート。
  • その後1960年にテレビを開局し、ラジオ・テレビを兼営する放送局に。
  • キー局:TBSラジオ

思いっきり笑える番組あり、沖縄出身ミュージシャンの冠番組あり、民謡の超長寿番組あり。
幅広い番組内容が魅力のラジオ局です。

【人気番組】

MUSIC SHOWER Plus+ (月〜金 11:00〜14:00)
平日お昼の人気番組。
日替わりのメッセージテーマとリクエスト曲を募りますが、沖縄では当たり前、「あるある」な内容でも、沖縄県外の方が聞くと「へぇ〜」な沖縄ネタの宝庫です。
パーソナリティーの狩俣倫太郎さん、嘉大雅さん、くだかまりさんのフリートークが最高に笑えます!

男性(東京)
男性(東京)
天然なまーりーが可愛い!

ラジオ Bar 南国の夜(土 22:00〜23:00)
沖縄県宜野湾市に実在する「公民館的コミュニケーションバー 南国の夜」のマスター・與古田忠さんと「常連客」嘉大雅アナウンサーのトーク番組。
テンポ良く 抜群の間合いで展開される掛け合いは、お笑いコンビのよう(?)です。

男性(東京)
男性(東京)
爆笑問題さんもこの番組を聴いたことがあるようで、TBSラジオの番組で與古田さんが共演。その流れから、全国的に人気だよ。
くーみー
くーみー
おー!そうなんですね!!知らなかったです。
radikoエリアフリーの効果アリアリですね_φ(・_・メモメモ

女性に人気!FM Okinawa

  • 1984年開局、キャッチフレーズは「いつも心は南向き〜Southern Station」。
  • キー局:TOKYO FM

ウチナーンチュ女性に圧倒的に人気な放送局。
選曲が良く適度なオシャレ感がありスマート、それでいて生活に密着した話題満載の番組が多いことから、女性の支持を集めているのかもしれません。

【人気番組】

ゴールデンアワー(月〜金 14:00〜15:50)
「ラジオの中のラジオ局」をコンセプトに、西向局長&エリナさん(パーソナリティー)とゴールデン社員(リスナー)の投稿とで番組を編成しています。

男性(東京)
男性(東京)
にぎやかでいいですね。運転中の眠気防止に一役買っているのでは。
沖縄に行ったときは必ず車を借りるので、FM沖縄を聴いています。

その他にも、FM沖縄の好きな番組について、ご意見を多数いただきました!
ザザーっと一気にご紹介いたします。

女性(沖縄)
女性(沖縄)
FMの番組をよく聴いてます。
お昼の「ハッピーアイランド」は30年以上聴いてるよ〜。
女性(沖縄)
女性(沖縄)
朝の「FIne!」、夕方なら「For PM」、夜なら「Sh@reTIME」。
一押しは「Fine!」!
女性(沖縄)
女性(沖縄)
ラジオはあまり聴かない・・・けれど、土曜日の「ケツノマジュン」(ケツメイシさんの番組)はたまに聴いてます。
くーみー
くーみー
私も沖縄に住んでいる時はFM沖縄一辺倒でした〜。
ラジオ県の沖縄でも、若い世代はあまり聴かなくなってきているのかな・・・?

沖縄ラジオを勧める5つの理由

うちなーイントネーションに癒される

沖縄で出会った人々と話す時、県外の沖縄料理屋さんでウチナーンチュと話す時、うちなーイントネーションに沖縄を感じる方も多いでしょう。
当然ながら沖縄ラジオには地元出身のパーソナリティーが多く在籍しており、沖縄らしい言葉やイントネーションが飛び交い、沖縄の空気感を耳に届けてくれます。

沖縄音楽で沖縄時間

三線や太鼓が明るく鳴り響く民謡を聴けば、胸が高鳴るでしょうし、ゆったりとした音色の古典音楽を聴けばシットリとした気持ちにも。
一節聴けば 心がゆったりと伸びやかな気持ちになれるのは、沖縄音楽のなせる技です。
沖縄民謡とともに、ウチナーグチ(沖縄方言)のトークも楽しめます。
方言のお喋りが何を言っているか理解できなくても、民謡を知らなくても、「音・リズム」として聴き流してみてください。

  • 「暁で〜びる」(ラジオ沖縄/月〜土 5:00〜6:50)
  • 「民謡で今日拝なびら」(RBCiラジオ/月〜金 16:00〜16:50)
  • 「ふるさとの古典」(RBCiラジオ/日 6:00〜6:50)

CMが面白い!

ラジオCMは沖縄カルチャーの宝庫です。
CMから沖縄ならではの年中行事の時期がわかったり、民謡をBGMに使っているCMもあり沖縄感満載、何より笑えるものが多いです。
また、沖縄でしか買えない・食べられないものをCMから発見でき、次の旅行が楽しみになってきます
一例として人気の民謡歌手(?)護得久栄昇先生のCMをお聞きになってみてください。
全国展開の有名お弁当チェーンの、沖縄限定メニューのCMです。

https://youtu.be/V0jSFiq4dzM

沖縄出身・在住ミュージシャンの番組多数

2019年秋時点での、ミュージシャンがパーソナリティーを務める主な番組をピックアップします。

  • 「てれこ〜ORANGE RANGE れでぃお番長、かりゆし58のりっかりっか(仮)」(FM沖縄/日 21:00〜21:30)
  • 「Kiroro綾乃の ママでいいよ!」(FM沖縄/日 8:30〜8:55)
  • 「HYのてぃーちなぁ×2」(FM沖縄/土 11:00〜11:25)
  • 「ケツメイシ大蔵のケツノマジュン」(FM沖縄/土 11:30〜11:55)
  • 「きいやま商店SHOW」(RBC/土 18:30〜19:00)
  • 「島袋優 (BEGIN) の ヤエヤマン インクモジ」(RBC/日 18:00〜18:30)

リスナー向けプレゼントが盛り沢山〜渡沖前に要チェック!

各局・各番組ともに、視聴者プレゼントが盛り沢山!
スポンサー企業であるホテルや飲食店、ショッピングセンターの利用券、映画鑑賞券など、リスナー向けプレゼントを提供している番組が多いです。
沖縄県内でしか使えないプレゼントは多いですが、沖縄旅行の計画を立てていらっしゃる方は、1〜2ヶ月前から集中的にラジオを聴き、お便りを出してみるのはいかがでしょうか。
うまく当選すれば、沖縄滞在中の楽しみが増えるカモ?しれません。

まとめ

ラジオの良さを一言で言うならば、「今いる場所と沖縄を繋げてくれるツール」だということです。
今の沖縄の天気、旬な話題、流行などがつぶさにわかります。
デイリーでラジオを聴き情報を仕入れておけば、次の沖縄旅行で行きたい場所・食べたいもののネタも沢山たまります。
radiko.jpのタイムフリー機能(1週間分の過去番組が聴ける機能)も活用しながら、様々な番組を試聴し、好みの番組を見つけてください。

最後にラジオに関する小ネタです。
戦後の沖縄のラジオ放送において、一番最初の放送でアナウンサーを務めた人物が誰かをご存知でしょうか?
ジョンカビラ・川平慈英兄弟の父である川平朝清氏です。
終戦後何もかもを失った沖縄に「娯楽と情報と教育の面でラジオが必要」との想いで、放送局の立ち上げに力を尽くされました。
長男ジョンさんは30年前のJ-WAVE開局当時からナビゲーターとして出演していますが、そういった経歴をお持ちのお父様の影響を多分に受けていらっしゃることが伺えます。

※ 上記の番組内容やradiko.jpの加入料金等は、2019年9月現在の情報です。